しみの種類と効果 | フォトフェイシャルを受けるなら、評判が非常に重要です!

しみの種類と効果

桜と女性

フォトフェイシャルを受ける1つの理由としてはしみを無くしたいと思ってフォトフェイシャルを受ける方もおられます。
フォトフェイシャルで効果的なしみとしてはニキビややけど、擦り傷や化粧品によるかぶれ、炎症が治まった後の肌に残る炎症性色素沈着と呼ばれる褐色のしみに効果があると言われています。
フォトフェイシャルの光はしみになっているメラニンのみに反応するようにできているので、メラニンだけにダメージを与えることができます。
また、フォトフェイシャルの光治療により、肌の新陳代謝を促進するので、沈着したメラニンを自然な形で排出させることができます。
コラーゲンを再生する繊維芽細胞を活性化する効果もあるので肌のハリが増すのもその効果と言えます。
フォトフェイシャルにも種類があり肌の悩み全般に効く560nm、赤ら顔に効果的な590nm、しみやそばかすに効くものだと640nmを使用します。
このように種類を駆使してしわやそばかすなどを取り除いていきますが、一回目でも大体のしみやそばかすを改善することができます。
肌のハリも受ける前とでは違いを感じることができる人が多いので、効果はあると言えます。
しかし、しみによっては効果があらわれない場合もあります。
フォトフェイシャルを受けた後は肌のそばかす状になってしまうことがありますが、これは数日間のみのためこの段階でフォトフェイシャルを受けて失敗したと思わず幾日か様子を見ることが大事です。